増田採種場
トップページ
会社案内
会社沿革
マスダのこだわり
カタログダウンロード
キャベツ周年栽培チャート
お問合わせ

dummy

dummy

dummy dummy

 農学部に在学中様々な分野を学びそのなかで興味をもったものの一つが「育種」という分野でした。始めは好きか嫌いかというおおまかな判断でしかなかった興味がある研究内容がきっかけでひとつの野菜には多くの品種がありそのひとつひとつが全く異なったものに仕上がるということを知りました。今思えば初歩も初歩なことでしたがこのことに気づくことが無ければこの仕事を目指さなかったのではないかと思います。

 「育種」がしたいと思うようになってこの業種を志し就職活動をしていくうちに、1つの作物に特化した増田採種場に興味を持ち、実際に「ブリーダー」である会長、社長のお話を伺い是非この会社で働きたい、育種がしたいと思い入社しました。

dummy

 主な業務内容としてキャベツ類の新品種開発やそれにかかわる育種を行っています。またキャベツ産地への品種導入を目的とした営業活動を行っています。品種の育成に携わり栽培もおこなっていく人間が現地へ赴くことでより深い営業活動が出来、農家様からの信頼が得られ会社の業績に貢献ができるかと思います。また産地で得られた品種の情報を蓄積しそれを可視化することができるような仕組みを整えていく業務も行っています。

dummy

 まずブリーダーとして数多くの優れた品種を生み出された弊社社長の目にかなう品種が出来たとき深い満足感が得られます。次にマスダから生み出された品種が産地で栽培されている農家の方に評価を頂いたときにも同様の満足感が得られます。さらに産地で栽培が広がり自分が携わった品種を数多くの畑で見ることができたときすべての満足感が達成感に変わります。育種だけですと1つの満足感のみしか得られないかと思います。育種と産地営業の2つを行えることでこのような達成感が味わえると思って仕事をしています。

dummy

 マスダは、自分が挑戦したければ色々なことにチャレンジできると思います。私も育種と産地営業の2つを行っています。両方に携わっていることで、より興味が広がり、達成した時に味わえる感動は倍になると思います。1つのことにこだわらない幅広く学びたい方は是非エントリーをしてください。



dummy dummy

 私は幼いころから動植物に興味があり、植物を見たり、育てたり、図鑑を調べたりと自然が大好きでした。迷わず農学部に進学し、漠然と植物に携わる仕事をしたいと考えていたところ、長い歴史と実績のある地元企業で「自然っておいしいね!」をキャッチフレーズに、自然、農、食、人を結ぶ会社があることを知りました。マスダはキャベツ品種開発に特化していますが、それ以外にもプチヴェールという今までにない新野菜の開発やケール生食普及にも力を入れており、伝統を継承しつつも新たな分野に挑戦し続ける姿勢に、たいへん驚きと感銘を受け、入社を希望しました。

dummy

 新品種の開発、栽培育成

 育種部第1課において自社従来品種の改良、新品種開発業務に携わる。キャベツ以外にもカリフラワー、カイラン、ハクサイ等アブラナ科全般を取り扱い、研究・品種開発を行う。実験室の中で研究を行うのではなくフィールドワークが中心です。開発した品種を大規模生産し、播種から収穫まで実際の農家に近い形で栽培し、その中で改良点や問題点を見つけ、品種育成に生かしていきます。力仕事も多く、屋外での作業は過酷なときもありますが、周りの男性に助けられています。

 育種にはワンスパン6〜7年かかり、モチベーションを保ちにくい時もありますが、「新たな品種を世に生み出す」、という大きな目標のもと頑張っています。研究だけでなく、農家さん、農協さんなどとお会いし、お客様の声を直接聞く機会も多いので、刺激を受け、また励みにもなっています

dummy

 まだこの世にない、新しいものを生み出す仕事は、困難で失敗も多いですが、大変創造的でやりがいのある仕事です。生産者、消費者、全ての方が喜んでもらえるような品種を作り出すことが第一の目標で、それは自分自身の喜びにも繋がると思っています。自分の作り出した物が日本中、いや世界中の人に手にしてもらえるかと思うとワクワクします。そして、それを食べた人が美味しいとか、元気になったと感じて頂けたらすばらしいと思います。

dummy

 仕事をしていく上で不安や困難を感じることがあるかもしれません。しかしそんな時、自分が好きな事かどうか?と言うことは一番大切なことだと思います。私は幼い頃から好きだった植物に携わる仕事ができ、大変恵まれていると感じています。自然相手の仕事は過酷な環境で、思い通りにならなかったりすることもありますが、自分自身が本当に好きな事なら乗り越えていけると思います。

 また、マスダでは、自分の関心のある植物を研究・開発に取り入れることも可能です。自由な社風の中、自分の夢やアイデアをかなえる場が用意されていて、たいへん魅力あふれる職場です。様々なことに興味を持ち、積極的に提案していける発想力と行動力のある方を期待しています。



dummy dummy

 私は小学生の頃から、野菜を育てることに興味を持っており、高校・大学と農業関連の学校に通っていく中で葉物野菜を育てたいという思いが強くなりました。

増田採種場という会社を知ったのは大学生時代の頃。「ソフトケールという野菜を栽培しているよ」と先生に教えていただいたのがきっかけでした。葉物野菜を栽培したいと思っていた私にとっては、この会社に入社しソフトケールの栽培に関わりたいと強く思うようになり、何度か研修を通して入社いたしました。

dummy

 入社後、私は生産第一課に配属され、ソフトケールの生産・管理等を主に行っています。

dummy

 まずソフトケールは世間的にはまだあまり知られていない野菜の為、他の人が栽培したことのない野菜に携われていることが、ソフトケール栽培の第一線で活躍しているようで嬉しさを感じます。また、周年栽培での生産なので、季節により生育の仕方が全然異なり、常に試行錯誤しながら作業をしています。私はこの会社に入ってまだ2年ほどなのですが、業務に慣れてきたつもりでも、まだまだ勉強不足だなと感じることがいつもあるので、毎日大変だと思うこともある反面、楽しいと思うこともたくさんあり、日々充実して仕事を行っています。

dummy

 ソフトケールは他の野菜と比べ珍しいため、生産をしていく中で常に新しい発見を見つけることができます。時には失敗してしまうこともありますが、とても美味しそうなソフトケールを自分の手で栽培することができたとき、そしてそのソフトケールを食べて「おいしい!」という声を聞いた時の高揚感は計り知れないものです。

 常に現場と向き合い栽培していくため、管理をするという責任もありますが、同時に自分のスキルをあげることもできます。ぜひ私たちと一緒に働いてみませんか。



dummy dummy

 私は、前職で工場に勤めていましたが、高校生で学んでいた、農業をやりたいと思い、地元である磐田市の静岡県立農林大学校に入学をいたしました。農林大学校で学んでいる際に就職後は地元で農業をやりたいと考え、進路担当の方に、増田採種場の求人のお話を伺い、興味を持ちました。地元の磐田市で長い歴史と、確かな実績があり、体験に来させていただいた際にも、先輩社員の方が優しく教えてくださり、是非この会社で働きたいと思い入社を決めました。

dummy

 私は、育種部採種業務課に所属しています。採種課は育種課の方たちが、長い年月をかけ、開発した自慢の品種の採種を行うのが主な仕事です。夏場に播種を行い、苗を育てるところから、畑づくり、定植作業、圃場管理、刈り取り、脱穀と約十か月程の期間をかけて行っていきます。虫、病気などの対策はもちろんのこと、気温差や台風などの災害にも常に気を付け、より良い種子の採種ができるように日々作業を行っております。

dummy

 私は、トラクタなど機械を使用しての仕事が得意だと感じております。今、日本の農業は機械化を進めており、その中でも当社は特に積極的な作業の機械化を行っており、常に高いアンテナを立て、様々な機械を導入してくださります。採種業務では、機械を使用することも多く、自分の得意なことを活かすことができるところにやりがいを感じております。

dummy

 当社は、育種、採種、生産と様々な仕事があります。入社後は現場にて、しっかりと研修を行い、適正を見ることで、自分に合った部署へ配属になります。種苗会社はどのような仕事を行うかなかなかイメージが沸きにくいとも思いますが、研修にて経験豊富な先輩がしっかりと基礎から指導をしてくれるので心強いと思います。難しいこともありますが、メーカーならではの物を生み出す仕事は、おもしろく、やりがいも感じることが多いので、自分の夢に向かって頑張ってください。